HOME>ホットトピックス>効果を最大限に発揮させることを重要視する

色々な設備が必要

絵を描く人

ビルの消費エネルギー削減を目的としたBEMSは基本的に、初期にセンサーや管理装置などの設備を導入し、その費用を削減したコストの形で時間をかけて回収する形です。そのためコストを回収できるだけの長期運用が原則となり、もし途中でビルを使用しないということになるのであれば、導入する意味がなくなってしまいます。したがってよほどのことがない限り、将来的にもずっと使われるビルに導入することが大切です。

必要な設備を導入する

男性

使用する設備はビルによって様々でBEMSで管理する内容もそれに合わせて変える必要があります。そしてBEMSの基本はエネルギーの無駄を省くことですが、そのシステム側に無駄があれば効果が薄れてしまうため、必要な設備のみを導入することが大切です。

適したものを選ぶ

会社

BEMSにはシステムのサーバーを導入する以外に、クラウドを活用するという方法もあります。それぞれビルによって向き不向きがあるため、最適なものを選ぶことも大切です。そうするとコストカットの効果も最大限に発揮できるでしょう。