都市部での対策に有効である

システム

BEMSはビルエネルギー・マネジメントシステムの頭文字を取ったもので、昨今とても注目されている環境対策に関わるアクションの一つです。BEMSはベムスと言われ、ビル・エネルギー管理システムという意味で、ビルの管理という点から室内環境とエネルギー性能の最適化を図るための取り組みです。このビル管理システムは、環境問題解決の観点から、IT活用を通して業務用ビルの照明や空調などをコントロールし、地球環境負荷を低減させようというものです。こうする試みによって、最適なエネルギー管理が行うことができ、大都市の二酸化炭素の排出量を制御することに貢献できます。地球温暖化の防止が提唱されて久しいですが、世界ではまだまだ都市部の二酸化炭素放出に関する課題なども多くあります。こうした課題を解決するための取り組みがBEMSで、多くの人口を抱える都市において、業務用ビルからの二酸化炭素の排出を少なくする動きが注目されているのです。日本はまだまだ二酸化炭素の排出量という点では課題があり、都市部のビルで人や温度センサーと制御システムという考え方を軸とした環境保全の動きが始まっています。こうした取り組みによってさらに二酸化炭素の低減化につながるものと期待されます。

コントロールが実現できる

キーボード

BEMSを導入することは地球温暖化対策という点でとても有効なものだと考えられています。大都市における業務用建物から排出される二酸化炭素量は農村から排出されるそれと同面積では多くなる傾向が高いですし、こうした動きは気球環境の保全という点でもメリットがあります。BEMSは自動制御機能を備えたシステムを通して、業務用ビル等のエネルギーの使用状況に応じて、自動制御が行われます。運転の最適化が図られることで二酸化炭素低減に役立つ動きとしてもとても注目されています。また、実際に稼働している状況をチェックするだけでなく、エネルギーの需要予測を通して最適化が図れる点も大きなメリットです。したがって、現在の動向から未来予測が行え、トータルで環境負荷低減に貢献できるのです。この装置は、温度や湿度センサーや人感センサー、中央監視コントロールシステムなどの機能を活用しています。このような仕組みを通して、トータルで二酸化炭素の排出コントロールが実現できるのがこのシステムのメリットです。このように、BEMSは業務用ビルのマネージメントシステムを通してより良い地球環境実現が図られるためのシステムです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3